松本市で格安の引越し業者を探す簡単な方法

松本市で格安の引越し業者を探す簡単な方法

松本市 引越し業者

松本市 引越し業者 費用

松本市 引越し業者 価格

松本市 引越し業者 料金

松本市 引越し業者 相場

 

松本市の引越しで検索すると、50件近い引越し業者がヒットします。
このすべてに見積もりを依頼したいところですが、実際はなかなかできませんね。

 

沢山の引越し業者の中から1番評判のいい業者はどこか、安い業者はどこか、サービスがいい業者はどこかなどいろいろ気になって調べても見つけることは出来ないと思います。
それは100%の人が満足と答える引越し業者は存在しないからです。
それなら引越し業者はどこもたいして変わらないのだろうと思われるかもしれませんが、違いはあります。

 

引越しの費用やダンボールサービス、オプションなどは引越し業者によって随分違います。

 

引越し費用=スタッフへの人件費+ガソリン代や高速代などの交通費+ゴミの処理などのオプション

 

引越し費用は持っている荷物の量と新居までの距離に比例します。
荷物が多いほど引越し業者のスタッフが沢山必要ですし、大きなトラックも用意しなければなりません。
新居までの距離が遠いほど、トラックを運転するスタッフの人数も必要となり、ガソリン代も多くかかります。

 

引越し料金を安くしたいなら、当日までに荷物を減らしておきましょう。

 

引越し費用は荷物の量に比例しますので、できるだけ荷物の整理をして、いらないものは引越し当日までに処分しておくのがオススメです。
とりあえず箱に詰めて、新居でゆっくり仕分けするという方法は、余分に費用がかかることになるのです。

 

そして必ず見積もりは複数の引越し業者から取ってくださいね。
先ほど言いましたように、引越し費用は業者によって随分違います。
比較しないで1社だけに見積もりを依頼して決めてしまうのはもったいないです。

 

1社より2社、2社より4社と数が多いほうが、お得になるチャンスが広がるということになります。

 

しかも今は簡単に引越し業者から一括見積もりが出来ます。便利なうえに利用料は無料です。
できるだけお得に引越ししたいなら、複数の業者から見積もりを取って費用やサービスなどをしっかり比較しましょう。

 

松本市 引越し業者 費用平均

 

引越しの通常期(オフシーズン)と繁忙期(オンシーズン)

 

引越し件数は3〜4月が最も多く、この時期は繁忙期(オンシーズン)と呼ばれ、引越し料金が最も高い時期となります。
通常期(オフシーズン)に比べると、費用に大きな差があります。

 

松本 引越し業者 繁忙期

 

松本市 引越し業者 繁忙期

 

引越しが3〜4月に多いのは、4月から大学に入学する学生や就職した新社会人、また人事異動で新年度から新天地へ行く会社員の移動がすべて3〜4月に重なるからです。
この時期は引越し業者はスタッフを増員したり、1日に回る件数を増やすなど対策を講じますが到底人手が足りません。
ですから繁忙期はどうしても通常期に比べて費用が高くなってしまうのです。

 

そんな繁忙期でも少しでも費用を安くしたいなら、早く新居を決めて引越し業者に見積もりを依頼することです。
安くて良い引越し業者ほどどんどん予約が入りますので、引越し日ギリギリになるほど高い業者しか残っていない可能性があります。

 

繁忙期は引越しのことを先延ばしにせず、早めに準備することが重要です。

 

 

引越し準備の手順

 

引越しだいたいの手順

 

引越しの準備はすることが多くてちょっと億劫です。
どんなことをすればいいのか、一度確認してみてくださいね。

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。
A荷物を梱包し、不用品は処分する。
B市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。
C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。
D郵便局へ転送の手続き
E引越し当日
F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。
G荷解き
H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

引越しといえば引越し業者決めですね。
しかし引越し費用は新居が決まらないと正確な金額が算出できません。
エレベーターの有無やトラック駐車の場所なども引越し費用に影響するからです。
引越し業者に見積もりを取るのは新居が決まってからすぐがオススメです。

 

次は不用品の処分です。
面倒なのでとりあえず新居に持って行ってからゆっくり分別したい気もしますが、いらないものを運ぶにも費用がかかるので勿体ないです。
不用品は売ったり、あげたり、捨てたりして処分しましょう。どれも時間がかかるので早めに動きましょう。

 

さて引越し2週間前になったら、市町村役場に行きましょう。
市外へ引越しする場合は、転出届を提出します。これを出さないと新居での手続きが進みません。
役所では国民年金や国民健康保険についても手続きが必要か確認しておきましょう。

 

電気・ガス・水道などのインフラ設備ですが、これらは引越し日までの費用を日割りで精算してもらうことができます。
引越し日が決まっているなら、2〜4週間前くらいに連絡したのでいいかと思います。
もし市内引越しなら同じ日から新居で電気・ガス・水道が使えるようになる手配をしてもらいましょう。

 

郵便物が新居に届かないのは不便です。
最寄りに郵便局で「転送届」を提出すれば、1年間は新居に郵便物を転送してくれますよ。
その間に引越しハガキやメールで、新しい住所を友人や知人にお知らせしてください。

 

引越しの当日、荷物を運ぶのは引越し業者がやってくれます。
しかし貴重品、高価なもの、大切なもの、壊れると復元できないデータなどは自分で運びましょう。
引越し業者に家具を置く場所を指定しなければなりませんので、あらかじめ配置などは決めておいてくださいね。

 

新居に最寄りの市町村役場で、転入届か転居届を提出します。
市外への引越しなら転居届、市内での引越しなら転居届です。
引越し後2週間以内に行ってください。

 

最後に免許証やパスポート、銀行・キャッシュカード・保険などの住所変更手続きをしましょう。
忘れてしまうので、早めに行きましょう。

 

 

引越しのあいさつはどこまで?

 

引越し挨拶

 

引越しの時にご近所への挨拶はいつ、どこのお宅までいけばいいのでしょう?
新生活を気持ちよく始めるために、やはりご近所への挨拶はしたほうが良いです。
では挨拶に行くタイミングはいつなのでしょう?

 

引越ししたらその日か遅くても翌日までにはご近所へ挨拶に行きましょう。

 

なぜそんなに早く行く必要があるのかと言いますと、引越ししてしばらくすると廊下や道路でバッタリ住民に会ってしまい挨拶に行くタイミングを失うからです。
引越しの当日は忙しいですが、合間をぬって挨拶しに行きましょう。

 

手ぶらで挨拶に行く方もいますが、お互い初対面ですから手土産があったほうが印象が良いです。
500〜1000円程度のお菓子、お茶、洗剤、タオルなど消耗品が喜ばれます。

 

さて挨拶に行くと言っても、どこのお宅まで行けばいいのでしょうか?

 

一戸建ては昔から「向こう3軒両隣」という言葉があるように、自分の家の両隣と向かいの家、さらにその両隣に行くものだそうです。
あと戸建ての場合はゴミ捨てや地域のお祭りへの参加など地域への密着度が高いので、マンションなどと違う点があります。
自治会長さんにもご挨拶しておくといいかと思います。

 

マンションやアパートの場合は、上下左右の部屋の方にあいさつしましょう。
集合住宅の生活音はお互いに響きますので、少しでもイメージアップをしておきたいですね。

 

 

引越し日と六曜

 

松本市引越し大安

 

日本のカレンダーを見ると曜日の他に「大安・仏滅・先勝・先負・赤口・友引」と書かれてあると思います。
これらは六曜と呼ばれ、日本では行事の日取りを決めるのに昔から重要な意味があります。

 

それぞれの意味をご存知ですか?この機会にちょっと確認してみてください。

 

・大安・・・何をやっても上手くいく吉日
・仏滅・・・仏も滅するほどの大凶日
・先勝・・・早ければ吉なので午前中が吉、午後2〜6時は凶
・先負・・・午前中が凶、午後が吉という先勝と反対の日
・赤口・・・しゃっこうと読み厄日とされる。何もするのも向きませんが、11〜13時の正午の前後だけは吉とされています。
・友引・・・大安に次いで吉ですが、朝は吉で昼は凶で夕方から大吉という忙しい日です。友達をあの世に引き寄せるという意味もあるため、葬式は行わない。

 

・結婚式は大安か友引に行う人が多いですし、お葬式は友を引くので縁起が悪いという理由で友引には行わないのが一般的です。
このように日本人は昔から縁起の良い日や悪い日にとても敏感なので、いまだにカレンダーや手帳には六曜が書かれているのです。

 

では引越しはどの日に行うのがいいのでしょう?

 

「引越しは大安が良い」という方もまだ多く、今でも大安の日は人気があります。
自分は別に気にしないけど、親が気にするから仏滅以外で引越しするという方もいます。
逆に仏滅は引越し業者が割引してくれるから仏滅をあえて狙うという方もいます。

 

縁起がいいとか悪いとかは、気にする人気にしない人それぞれですね。
あなたはいかがですか?

 

 

豊島区 引越し業者 港区 引越し業者 品川 引越し業者 春日井 引っ越し業者